酵素の多い食品は?【発酵食品編】厳選5つ - ユニライフ きろろぽっくる | ユニライフ きろろぽっくる

酵素の多い食品は?【発酵食品編】厳選5つ


 

昔ながらの日本の食卓といえば、ご飯に味噌汁に、お漬け物などが思い浮かびます。

味噌汁やお漬け物などの発酵食品には酵素が含まれており、意識せずとも酵素を体内に取り入れていました。

 

最近では、食の乱れなどで発酵食品を摂る頻度が減っているかもしれません。

酵素の多い発酵食品を紹介します。

 

 

  1. 納豆
  2. ぬか漬け
  3. 味噌
  4. ヨーグルト
  5. 鰹節

 

酵素の多いフルーツについて詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

酵素の多い野菜について詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

 

1.納豆

 

大豆を発酵させて作る納豆は、日本の伝統食。

納豆に含まれる酵素であるナットウキナーゼには、血液中の血栓を溶かし血液をサラサラにしてくれる働きがあるといわれています。

 

その他、食物繊維イソフラボンビタミンEミネラルカルシウムなども含み、健康食品としても優秀です。

 

2.ぬか漬け

米ぬかを発酵させたぬか床に野菜などを漬けてつくるぬか漬け。

野菜の栄養素を高めてくれる働きがあります。

酵素を多く摂れるだけでなく、腸の調子を整える乳酸菌ビタミンミネラルが豊富に含まれます。

糖質を分解する働きのある酵母も含まれているため、糖質を気にしている方には嬉しい効果かもしれません。

 

 

3.味噌

 

味噌は、大豆と塩、麹から作られます。

酵素の他にも、麹に含まれる麹菌が、大豆に含まれるタンパク質を分解し血圧を下げる働きもあるペプチドを作ります。

その他、ビタミンEイソフラボン食物繊維なども摂ることができます。

 

4.ヨーグルト

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内細菌のバランスを整えてくれます。

牛乳に含まれる、ビタミンミネラルなども摂ることができます。

 

5.鰹節

 

意外と知られていませんが、鰹節も発酵食品です。

カツオにカビを付けることで、カビが成長するためにカツオの水分を吸収するため、均一に乾燥した鰹節ができます。

 

鰹節に含まれるアミノ酸には、脂肪を分解するリパーゼという酵素の働きを活性化させるといわれています。

 

その他にも、鰹節に含まれるペプチドには疲労を回復する効果もあります。

 

 

発酵食品には、酵素だけでなく、発酵の過程でできる体によい栄養素が沢山含まれています。毎日の食事に意識して取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

意識したくても、仕事や家事で忙しいかたには、手軽に酵素を取り入れられる酵素食品がオススメです。

 多忙な方へオススメな手軽に摂れる酵素食品の詳細はこちら


VIEW ALL →