春の気象病予防・毎日のお風呂は気象病予防になり美しくなる。

酵素と健康

2019年03月26日(火)

ユニライフユニライフ


毎日新聞に掲載されていた、大規模調査でお風呂が健康に関わることがわかったとの記事読まれましたか?

 

お風呂に入る回数が、週2回以下の人と比べて週7回以上の人は、寝たきりや認知症になって介護保険の要介護認定を受けるリスクが、約3割も少なくなるということがわかったのです。

 

気象病は、気圧や気温の変化で、体調が悪くなる病気で、主に、脳の活動が低下する病気でもあります。

 

脳は刺激が大切だそうで、以前、裸足で歩く脳への刺激が健康になると記事をあげましたが、お風呂も全身に熱を感じる大きな刺激になります。それが、認知症などの介護リスクを大きく下げるのですからこんなに簡単な病気予防はありませんね!

 

また、お風呂には美容効果が高いこともわかっています。

 

ビジネス情報の日経スタイルにも出ていましたが、体温があがり血行が良くなるので老廃物がながれやすくなったり、毛穴が開くので無理にこすったりせずとも、汚れが落ちやすくなります。

 

このようにお風呂は一石二鳥も、三鳥もあります。

 

ぜひ、みなさんもこの季節の変化が大きい時期には、お風呂に入る回数を増やして、体をあたためる習慣をつけてみてはいかがでしょうか?