女性の春の病気(+_+)3月、4月は気温の変化に関わるうつ病(鬱病)に気を付けよう!おすすめ気象病予防方法も解説!

酵素と健康

2019年03月26日(火)

ユニライフユニライフ


春の気象病ってしっていますか?!

(Wiki 出典):::::::

気象病(きしょうびょう)は、近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。症状は「天気が悪いと古傷がうずく」といった天気痛のほか、メニエール病、喘息、めまい症、うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹、吐き気など様々である。心臓発作や脳卒中のきっかけになり、生命にかかわる場合もある。

 

メカニズムの詳細は不明であるが、気圧や気温、湿度などの急激な変化に人体が対応しきれないことが原因とみられる。特定の季節に起きやすい花粉症などの「季節病」とは異なるが、熱中症のように気象病・季節病の両方の面を併せ持つ病気もある。ドイツでは気象と病気の関連を調べる「生気象学」の研究が進んでおり、医学気象予報を国民に提供している

::::::::::::::

と、ありますが、このとき、一番心配なことが 鬱病ではないでしょうか?

 

鬱病の原因は、生活習慣の乱れ、食事の偏り、深夜活動の増加、仕事のストレスなどなど複数の要因が挙げられますが、原因の一つに気象病といって、気圧や気温の変化によるストレスに体が調整できずに起きるものがあります。

そこで、病院などでは、投薬や様々なリハビリがありますが、家庭で気軽に全部始めるというわけにはいきませんので、すぐにはじめられて、うつ病に効果が高い、うつ病予防、うつ病改善方法を、厳選した1つをお教えします!

 

たった1つだけで、今、ヨーロッパでは投薬などを控えている有効な方法があります。

 

①裸足散歩

足の裏は全身の要です。土踏まずがしっかりしていれば、疲れにくく、けがもしにくいといわれています。私たちは土踏まずがあるおかげで、転んだり倒れたりせず、長距離を歩いても疲れにくくけがをしにくくなります。

そして、普段、靴下、靴のある生活になれていますが、アメリカの大学の研究では、はだしで走ったら脳の機能が16%アップしたと発表されています。裸足であることで脳に多くの刺激情報がいくことが理由です。

NHKでも、裸足の学校が話題になっていましたが、裸足はお金もかからず、とてもよい健康法と言えます。

 

皆さんも、これからの温かくなる時期には公園で裸足で歩いてみて、うつ病の予防に努めてはいかがでしょうか?